その時は不意にやってくる

L1000507

グループ展示まっただ中。
 
平日のギャラリーは落ち着いている。
世の中の平日休みが少ない曜日などでは
時たまぽっかりと一人きりの時間が訪れる事もある。
つまらんなぁと言ってはならない。
実はこの時が、とても大事な時間なのだ。
 
否が応でも作品と向き合わざるを得ない。
俺は下手だなと落ち込む?
さっきまで話をしてたお客様の言葉を反芻したり
自分の脳内で思考を整理したり。
そんなこんなで、考えながらもやはりぼんやりと作品を眺めるのだ。

その時は、不意にやってくる。
あれ、と思う。
 
これまで撮影プリントと一連の流れをともにしてきた作品が
急によそよそしくなって。
なんだか他人様の顔つきになるんだ。
自分の姿をもう一人の自分が見つめるような不思議な体験。
デジャビューの逆で、見慣れたものがそうではなく見えるジャメビューだ。
 
作品が翼をもつ瞬間だと、僕は思っている。
飾り観てもらう事で昇華するのだろう。
 
それまでは思い入れもたっぷりあるし
自分が感じている事が正確に伝わらないと苛ついたものだが
そんなのくだらねーなと、消えて楽になる。
 
次にやってくるのは、作品からの要求と言うか訴えみたいな事。
この額じゃない、窮屈だぜ、とか(笑)
言って見れば作品の言い分だ。
しっかり耳を傾ける事が、次につながるのは言うまでもない。
  

 

 

関連記事

ピックアップ記事

R037027741

2015-2-2

歩いている

カテゴリー

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
ページ上部へ戻る