報告とお礼

IMG_3734-1

東京の南端、大田の地にくりらぼ多摩川はある。
新田義興公が多摩川矢口渡で謀殺、その御霊を祭る新田神社のお膝元。
歌舞伎・神霊矢口渡にも描かれ、江戸時代より大変に栄えたと地でもある。
昭和には町工場の集積し、NHK朝ドラ「梅ちゃん先生」の雰囲気をにおわせる風情も残る。
各時代の雰囲気が重層的の残る不思議な魅力の場所なのである。
 
その場所で、地元のアーティスト仲間「たまくら」の中心グラスフォレスト鍋谷さんがイベントをされた。
蒲田で生まれた育った氏が生み出す蒲田切子グラスのラインナップは
数々の賞を獲得する注目の存在でもある。
 
僕は、その場所で写真を展示し、さらにトークショーをするという役割を担った。
写真を撮る事というのは、じつは表面の奥に潜む本質をとらえるという事。
自分が試行錯誤しながら取り組んだ行程を検証する事で
グラス自体を、さらにその中の蒲田切子というものに肉薄できるのではないか。
そういう試みがあった。
 
皆さんお忙しい中、時間を割いて下さったご様子、
厚く御礼申し上げる。
また、毎回遠く、長野・新潟・名古屋・沼津。。。
房総や神奈川の厚木など、実際に往復数時間かかってしまう場所からも。
いつも必ず来て下さる方々。
本当に頭が下がる。
 
金曜夜のトークショーは希望多数により抽選となってしまったときく。
都心から1時間弱、平日に人は集まりにくいかと思われたが
正直驚いた。
地元の方、グラス好き、写真好き、三位一体なところがとてもよかったと思う。
そして、ご希望に添えなかった皆様に深くお詫びを申し上げる。
必ずや次の機会をお作りする約束をさせていただきたい。
USTREAMでも
視聴で来たようで、ライブ配信で視聴者の記録を大きく更新したとの事
こちらも御礼!)
 
最後に、この場所の企画運営を担当する大田観光協会のすばらしき皆様、
展示パネルを製作して下さった光写真印刷の皆様、
などなど、関わった全ての皆様に、深く感謝申し上げる。
 

 

 

関連記事

ピックアップ記事

L1000273

2013-9-13

Leica 004

カテゴリー

2018年5月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ページ上部へ戻る