ものは語る 002 

MMM_3375

今、静物写真 もの写真に深く取り組み始めている。
 
その方法論が完璧に見えてきた。
これまでと少し毛色が変わってきていて、僕は面白いと感じている。
  
書籍や個展で発表しているモノクロームの作品群は、どちらかと言えば主観的な写真の系譜にある。
自分の感じ取った何かが写真に表出する系統だ。
一人称、ドラマ、ブルースと評される事が多い。
そうの部分は、仕事でも得意分野となっている。
(ファンの人目線、職人目線などなどだ)
 
だが、今取り組んでいる静物写真では
そこを封印している。
感情など、いらないぞと。
 
冷徹な目で、撮影者の視線というより写真機の目という視点で。
無になり向き合う。
 
だが、現実はなかなかそうもいかない。
アングルを切るという事。
ライトをあてるという事。
どう見せようかという意思と無縁には撮影が出来ない。
気がつけば、作り手の意思なんかも考えちゃったりして。

ああ、禅問答。
什麽生、説破(そもさん、せっぱ)な世界である。
 
その禅問答をしながら、撮影を続けていると。。。
ああ、なんだ、簡単な事じゃない、という瞬間に出会った。
 
うれしい出会いだ。
その簡単な事は、作品が出来た時に、お話ししよう。
 
秋ぐらいまでには
お披露目できるとうれしいのだが。。。

 

 

 

 

関連記事

ピックアップ記事

DiE8-sRUEAA1r1W

2018-7-17

新スタジオに向けて

カテゴリー

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページ上部へ戻る