リアルシスターズの思い出話

R037092762

仕事に関する話題。
 
フリーランス・カメラマンとしてやってきておりますが
以前は、ご依頼をいただくそのほとんどが、若いタレントさん関連の撮影でした。
読者層も若く、紙面を飾る方々もまた若い。
そんな仕事でございました。
 
僕は、こういった若いタレントさんを本当にリスペクトしています。
現代では学業と芸能活動を両立させる事務所の方針が一般的であり
学校もそれなりの厳しさを保っています。
芸能系の学校でもそれは同じで、よくほ堀○の卒業式で大粒の涙を流している様が放映されますが
単位取得までにそれはそれは大変な努力があったという解釈でよいそうです。
実際その頃仕事でお会いした若いタレントさんたちは、寝る間を惜しんでがんばっておりましたね。
ただでさえ厳しい芸能の世界に身を置きながら、ですからね。
頭が下がります。

そんな若いタレントさんたちとの仕事の中、非常に思い出深い案件を少し。

2000年代の初めでしょうか、ちょうどインターネットが一般的になり
それに伴うビジネスなどができてきた頃、
フジテレビの深夜に小さな番組ができました。
秘密倶楽部o-daiba.com」がそれです。
 
ちょっとした事情通(?)でしたらピンときますよね。
今や伝説ともいっていい奇跡のキャスティング。

栗山千明さん、須藤温子さん、ベッキーさん、松本まりかさん、宮﨑あおいさん。
 
非常にプロ意識の高い、芯のしっかりした女優陣です。
設定では美少女IT戦士となっておりますが
実際も戦士の風情がございました。

その後のご活躍具合は、今ここで僕が語る必要もないですね。
 
(写真集を宣伝する告知CMがこれです。
ぜひ、ご参照ください)
 
番組は、ITやメディアミックスに絡んだ現実世界のドキュメンタリーとドラマの融合もの。
故に出てくる様々な人物は、実際にその仕事をしている人々だったりも。
そんなわけで、森谷もカメラマンとしてちらっと映っております。
 
何話だろうか。。。
 

 

関連記事

ピックアップ記事

L1000611

2013-12-10

一緒に撮影にでも参りましょうか?

カテゴリー

2018年5月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ページ上部へ戻る