「脱ビキナー」写真教室 missionsシーズン3 予告

0D1A1022

1期の卒業展示を終えた。

卒業生たちの穏やかな笑顔。
謙虚な振る舞いを見せてはいるが
密かに得ている自信が見え隠れする。

彼ら彼女らは、小さなチャレンジをただ繰り返した。
同時に仲間の挑戦過程や成果も皆で共有した。
誰かのチャレンジに驚きの声をあげ、方法を知り、知見を増やしていった。
 
私も水先案内人として、簡単な課題だが、やればやるほど深い写真哲学に行き着くテーマを
思考し続けた。
1年間で分厚い本が書けるほどの私的写真論と方法論「メソッド」が出来上がった。

無理な背伸びは要求しない。結果を競うこともしない。
言い訳しても意味がなく、知識自慢も必要ない。
小さな一歩を、ただ踏み出してくれれば、その先にちゃんと未来はあると思うのだ。

…………………………………………………………………..

(内容は1期の募集要項を参照のこと。
後日日程など詳細を発表いたします。
また、当WSの趣旨として、前のめりに食い気味に参加する奴は大歓迎という
基本精神がございますので、日程発表前の今から応募しちゃうぜという猛者は
ご一報ください。)

関連記事

ピックアップ記事

R037092762

2014-1-14

リアルシスターズの思い出話

カテゴリー

2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
ページ上部へ戻る