ハッセル大学 ポートレート実習

2015-07-12_001_0038a

川崎のカメラ店「スイートロード」さんは、私たちよりずっと若い世代やデジカメから写真趣味の世界に入ってきた方たちに、
ハッセルブラッドの魅力や細かな使い方、通なアイテムなど、文字通り手取り足取り、
じっくりユーザーさんと付き合ってきたお店である。
   
私はかつてカメラマンとしてやっていけるかどうかの勝負所で、ハッセルブラッドカメラに助けられた経験があって、
以来多くの場面で使用してきた。
なんか、のび太くんの台詞「たすけて、ドラえもーん」的な、信頼の置ける相棒としてのカメラなのだ。
    
あるとき、お店の方と話をしていて、
「今、お客様の多くは、カメラやレンズを手に入れ、撮影も楽しいという状況、もう一歩進んで、きちんとした技術と撮影術を提供していけたら」と互いに意見が一致、
【ハッセル大学】というワークショップ企画が生まれた。
   
かなり難しいこと(本来なら当たり前に知っているべきことでもある)も学ぶが、本気の撮影を体感することも重要だと思う。
モデルさんを前にした実習、生徒さん達は何をつかんだのか。
楽しみである。
 
この写真は、全面協賛して下さっているハッセルブラッドジャパンさんの
デジタルバック 【CFV50C】 による撮影、皆さんにその場で観てもらうために私が撮ったカット。リサイズしている。
 
クリアーでどこまでもシャープ。(産毛まで。。。)
大判ポジフィルムを10倍ルーペで覗いている時のような
うわっとなる画質である。
 
最後にモデル更紗さん。
聡明な方で、10名からなる生徒さんのリクエストにも動じずに、優しく接して下さった。
ご自身で撮影会なども企画されており、写真作品を撮りたい人の強い味方でもある。

なにかコラボしたいなぁと思う。ライカとモノクロだったら?大判?

いろいろ企画募集!!

関連記事

カテゴリー

2018年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  
ページ上部へ戻る