暗室日和、本日Aクンは。。。

_80A5098

ふふふ。かわいそうに。惑わせたぜ。(今日も暗室)
 
プリントしているAくんは、映像演出の仕事が長かった。
だから、そっち系の話に花が咲く事が多い。
そこで、ちょっと映画現場系の思考でアドバイスを少し。

美しいプリントが出来て一度はそれでOKとしたところで
私がごそごそと黒紗系の自作フィルターを出す。
このシーンは(あえてこのカットではなくシーンと位置づける)
生っぽさを消すべきでは?
映画の情感表現に多用されるにじみ演出。
 
そして彼はソコから約1時間程、同じカットと格闘した。。。
一度上手く焼けたのにね。

ただ、膨大に記憶されている映画のシーンが彼の引き出しだから、
覚醒したら強いよ!
 
もはや私の口癖で、確固たる信念になってきた言葉「正解などない」
手法も考えも、一様ではつまらないのだ。
基礎固めが終わったら、いろいろチャレンジ!!

関連記事

カテゴリー

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
ページ上部へ戻る